WhatsApp

X

原子力センサーにおけるケーブルの応用

1. シーン紹介

原子力技術の急速な発展に伴い、原子力発電所の安全で安定した運転は、国家のエネルギー安全保障と生態環境を保証するために極めて重要である。 原子力発電所の主要機器であるセンサは、様々な運転パラメータをリアルタイムで監視し、原子力発電所の安全制御や運転管理に重要なデータを提供する役割を担っている。 センサーとデータ処理システムをつなぐ重要な部品である原子力センサーケーブルの性能と品質は、原子力発電所の監視効果と運転の安全性に直接影響する。

2.ペインポイント分析

原子力発電の分野では、センサーケーブルの応用は多くの課題に直面している。 まず、原子力発電所の運転環境は複雑であり、ケーブルは高温、高圧、高放射線などの過酷な条件に耐え、同時に安定した信号伝送を確保する必要がある。 第二に、センサーケーブルは、外部からの電磁干渉に耐え、データの精度を保証するために、優れた電磁シールド性能を持つ必要がある。 さらに、原子力発電所の長期安定運転に対応するためには、ケーブルの選定、プロセス、設置なども高い水準に達する必要がある。

3.原子力センサーケーブルの要件

原子力センサーケーブルの要件は、主に以下の点に反映されている:

電気的性能:ケーブルは、信号の正確な伝送を保証するために、優れた導電性と絶縁性を持つ必要があります。同時に、ケーブルのインピーダンス整合と減衰特性も、信号損失を低減するための要件を満たす必要があります。
環境適応性:ケーブルは、高温、高圧、高放射線などの過酷な環境でも正常に動作し、耐候性と耐腐食性に優れていなければならない。
電磁シールド性能:外部からの電磁干渉に抵抗し、信号の安定性と精度を確保するために、ケーブルは良好な電磁シールド効果を持つべきである。
機械的および物理的特性:ケーブルは、原子力発電所の設置および運転要件の複雑な環境に適応するために、十分な機械的強度と柔軟性を有するべきである。

4.原子力センサーケーブル認証基準

原子力センサーケーブルの認証規格は、国際原子力機関(IAEA)規格、IEEE規格、IEC規格、各国の原子力安全規制など、厳格かつ多様で厳しい。 ケーブルの電気的性能、環境適応性、電磁シールド性能、機械的・物理的特性などに関するこれらの規格は、原子力発電所のケーブルが安全で信頼性の高い運転ができるよう、詳細な規定を設けている。

5. ケーブルの選択

原子力センサーの特殊なニーズに対しては、電気的性能、環境適応性、電磁シールド性能に優れたPEEKケーブルの選択を推奨する。
材料の選択に関しては、低発煙性ハロゲンフリー難燃性、高温性、耐放射線性、耐腐食性の高性能材料を使用しています;
構造設計では、多層シールド構造を採用し、体積が小さく、軽量で、効果的に電磁干渉を低減します;
生産工程では、ケーブルの品質と性能が最高の状態に達するよう、各リンクを厳密に管理しています。

参考のための選択パラメータ(実際のニーズに応じてカスタマイズ可能)
長期耐熱温度:-50~250
耐電圧レベル:300V 600V
耐ガンマ線性:850KGyは長時間使用可能。
低発煙性、ハロゲンフリー、難燃性、耐高温・耐低温性

6. 製品特性

TST CABLESの原子力センサーケーブル・ソリューションには、次のような顕著な特徴があります:

耐放射線性: ガンマ線の影響に耐えるため、耐放射線素材(熱硬化性絶縁材や被覆材など)を使用したケーブルが使用される。
耐熱性:高温に耐えるように設計されたケーブルは、高温環境での信頼性の高い動作を保証します。
耐薬品性: 特殊な材料で作られたケーブルは、原子力発電所でよく見られる化学物質や腐食性物質に耐性がある。
長期的な信頼性 ケーブルは、電磁干渉を防止するシールドや高い絶縁強度を持つ絶縁体など、長期的な信頼性を確保する機能を組み込んで設計されています。
機械的ストレスへの耐性 ケーブルは、振動や曲げなどの機械的ストレスに耐えるように設計されており、継続的な信号伝送を保証します。

おすすめ商品

原子力センサーのバックエンドケーブルは、耐放射線性、耐久性、難燃性、高温・低温耐性に優れている。 原子力発電所の重要な構成要素であり、放射線の影響を受けやすい場所に設置されたセンサーからの信号を制御・監視システムに送信する役割を担っている。

7.技術試験

TST CABLESは、原子力センサーケーブルの品質と性能が要件を満たすことを確実にするため、一連の厳格な技術試験を実施しています。 これらの試験には、電気的性能試験、環境適応性試験、電磁シールド性能試験、機械的・物理的性能試験などが含まれる。 これらのテストを通じて、私たちはケーブルの優れた性能と安定性を検証し、原子力センサーの特別なニーズを満たすことができることを確認しました。

8. ケーブル敷設と試運転

原子力センサーのケーブル敷設と試運転プロセスにおいて、TST CABLESは厳格な作業手順と安全基準に従っています。 まず、原子力発電所のレイアウトとセンサーの配置に従って、合理的なケーブル敷設プログラムを作成する。 その後、ケーブルの敷設と固定には専門的な工具と設備が使用され、原子力センサーケーブルの方向と固定点が設計要件を満たすようにする。 最後に、システムのデバッグとテストを行い、センサーとデータ処理システム間の接続が高速、安定、スムーズ、安全、信頼できるものであることを確認する。

9. アフターメンテナンスとテクニカルサポート

TST CABLESは、包括的なアフターメンテナンスと技術サポートサービスを提供しています。 原子力発電所のセンサーケーブルに問題や不具合が発生した場合、TST CABLESの専門チームが迅速に対応し、効果的なソリューションと技術サポートを提供します。 同時に、ケーブルの長期安定稼働を保証するため、定期的な検査とメンテナンスも行っている。

10.原子力センサケーブルプログラムの実例

中国沖の大型原子力発電所は、運転効率と安全性を向上させるため、既存のセンサー・ケーブル・システムのアップグレードを決定した。 市場調査と技術比較の後、原子力発電所は最終的に、カスタマイズされた原子力センサーケーブル・ソリューションにTST CABLESを選びました。

プロジェクトの過程で、TST CABLESはまず、温度、湿度、放射線レベルなどの要素を含む、この原子力発電所の運転環境の詳細な調査を行い、選択したケーブル材料がこれらの極端な条件に適応できることを確認した。 その後、センサーの種類と分布に基づいてケーブルの仕様、長さ、接続を開発し、異なるセンサー間のデータ伝送ニーズに対応した。

ケーブルの選定にあたっては、TST CABLESは電気特性と環境適応性に優れた特殊ケーブルを使用した。 これらのケーブルは、高温、高電圧、強い放射線の環境下で安定的に動作するだけでなく、原子力センサーのデータの正確性と信頼性を確保するための優れた電磁シールド特性も備えている。

プロジェクト完了後、TST CABLESは原子力ケーブル・システムの包括的な試験と検収を実施した。 その結果、原子力センサーケーブルソリューションは原子力発電所の運用要件を完全に満たし、センサーデータ伝送の効率と精度が大幅に改善されたことが示された。 さらに、TST CABLESの原子力センサーケーブルソリューションは、原子力発電所の安全性と安定性を向上させ、原子力発電所の長期運転を強力に保証します。

原子力用途のケーブルに関するその他のソリューション。

TSTケーブルを選ぶ理由

経験10年

鉄道ケーブル製造に特化して10年

エンジニア同士のマンツーマン・サポート

エンジニアがマンツーマンで対応し、製品の選択や問題解決をサポート

要件に応じたカスタマイズ

強力なR&Dチームにより、特定のニーズに基づいたカスタマイズケーブルをサポートします。

品質認証

業界標準への厳格な準拠、完全な認証

試験設備完備

顧客要件に基づく各種試験

10,000 ㎡ 工場

私達の工場を直接訪問する歓迎

関連ニュース

上部へスクロール

We use cookies to ensure we can give you the best experience on our website.